店内ご紹介

扉の向こうには、文化の交差点がある。階段の上には、異国がある。

文化の交差点  コーヒーショップのルーツ“カーヴェハーネ”(kahvehane)に思いを馳せる ── 一階。

店内写真店内写真

BGMのトルコ音楽とインテリアが醸し出す異国情緒をお楽しみいただける一階は、26席前後のレストラン。

最初はカーペット商をやっている頃、たまたま私たちの食事を御覧になった方々から「自分にも食べさせてよ」と良く言われていたのが、きっかけでした。「美味しい」との好評から始めたレストラン“サクルエブ”が、お陰様でここまでに成長しました。

誰もがふと、かつて活躍したオスマン・トルコを旅するレヴァント商人になったような、そんな錯覚も ─ トルコ料理の味わいを一層ひきたてる空間としてお楽しみいただけるるように、願いを込めて飾りました。

閑なときにはサズをつまびきながら、お客様のおいでをお待ちしています。

kahvehane = コーヒーの家
(16世紀、オスマントルコ帝国を旅したレヴァント商人たちはカフヴェスィ(coffee)を「イスラームのワイン」等として欧州に伝えたと言われている)

飾り罫

写真

ブック&カフェ 三日月と太陽 (2F)

ゆっくりと時間が流れる芦屋川 ─ くつろぎのブック&カフェ、三日月と太陽は、そんな芦屋川のそばにあります。

書棚にとりそろえたコミックやトルコの本などを読みながら、くつろぎの一時をお楽しみください。

厳選した珈琲やスイーツはもちろん、お食事もご用意しています。

時間を忘れて、あなたの心の時間を、心ゆくまでお過ごし頂けます。

[ ↑TOP ]